業者と木材の確認

木材を取り入れた住宅づくりは、木材利用ポイントが受けられるサービスとして注目されていますが、木材を取り入れた全ての人が対象となるわけではありません。
木材には様々な種類がありますが、対象となる木材を利用した際に受けることができるサービスなのです。
対象となる木材は、木材利用ポイント事務局に登録している業者が木材を指定しています。
指定となる木材は、事務局のホームページに掲載されています。そのため、その木材を配給できる登録工事業者に依頼し住宅づくりを依頼しましょう。
また、種類の指定だけでなく、木材を使用する量も決められています。
使用する木材が指定の量に満たない場合、木材利用ポイントを受ける対象にならない場合もあります。
そのため、木材を使用する量もしっかり確認しておきましょう。

木材利用ポイントのサービスを受けるには、木材の種類や量だけでなく、住宅を建てる際の工法にも対象となるための指定があります。
新築や増築の場合、床の面積や柱の厚さ、壁の厚さなどの指定があります。
この面積と使用する木材の量が指定内であるか、経済や地域の雇用に大きな影響を与えた工法であるか、といったことが木材利用ポイントの対象に当てはまるかが決まるのです。
事業所のホームページで詳細を確認することもできますが、業者で相談して話を聞くこともできます。
どちらの方法でもしっかりと木材利用ポイントについて内容を理解し、納得した上で工事を行ないましょう。